リノベ
“お知らせ&コラム”
コラム 2019.12.08
SUB CATEGORY
  • リッチライフ

リッチライフの正体【終】月収25万円で「豪邸に住む人」と「2DKに住む人」の違い

さて、今日はリッチライフの正体の最終項を書きます。

「リッチライフ」とは、精神的、金銭的な余暇・余裕の事ですが、
稼ぎが多いからといってリッチライフを送ることができるとは限りません。
全く同じ収入でも、余裕ある生活を送る人もいれば、カツカツな状態から抜け出せない人もいるでしょう。

一体何が違うのでしょうか。
私が思うに前者は後者に比べて、冷静に現実を見て考える事ができる人なのです。

毎月の支払いが8万円だと仮定すると、約3000万円の借入が可能になります。
今回は2500万円の中古住宅に500万円分のリノベーションをしたと仮定しましょう。
リノベーションはいずれ価値が無くなる「減価償却資産」なので、中古物件に対する支払いだけを「資産」としてみなします。
そうすると、利息の支払い分を除けば、毎月約6万円があなたの資産になっていき、1年間で「約72万円」の資産を形成したことになります。

一方、家賃は資産にはならないタダの支払いです1年間で96万円もの家賃を支払う事になります。

「中古住宅」を選ばれた方と「賃貸」の方では年間168万円もの差額が生まれてしまうのです。
そして肝心な「家」ですが、「リノする!」であれば庭付き一戸建です。

共同住宅の賃貸マンションとの差は大きいですよね?月8万円の家賃の賃貸とは比べものにならないのではないでしょうか。
6万円の家賃の賃貸とは比べ物にならないのではないでしょうか。
しかも、たった1年で168万円も賃貸に住む人より得をしています。

「家賃への支払いを、自分の資産への投資に変える」

たったこれだけの違いです。
賃貸に住み続ける人が悪い訳ではありません。
お金の事なんかそれほど気にしなくてもよい人もいるかもしれませんし、
100万円など大した金額ではない、と思うガチでリッチな人もこの世の中には多く存在するでしょう。
そして買いたくても買えない人も少なからずいらっしゃるでしょう。

ただ、何かを手に入れるためには何か行動をする必要があります。

中には、

「俺は中古住宅なんかいらん!将来新築を買うからそれまでは賃貸でも良い」

と考える方や、

「今の予算では理想の家は買えん!それまでは賃貸で我慢する」

と考える方も多いと思います。
でも、その「それまでの間の賃貸」ってなんの意味があるのでしょうか。
家賃で支払いを続けるより、自分の理想を叶えるために「中古住宅」を選択し、
資産を形成した方がよいのではないでしょうか?
その間に年168万円も損する理由が私には分かりません・・・

「予想以上に借入可能額が下がってしまった。ガックリ・・・だから物件購入はやめて賃貸にしよう」

いやいや、もはや意味が分かりません
借入額が下がってしまうのは収入が低いからか、支出が多いからです。
だからこそ家賃に支払いを続けるより、毎月少しずつ資産を形成した方がよくないですか?

このように、自分の事を冷静に考える事ができない人は、知らず知らずの内に、もの凄い額の損をしてしまっています。
皆さんが賃貸に住む理由は、ちゃんと考えた結果ですか?・・・